最近の話

正直なところ、lomaは私の生活で出来る範囲のハイペースよりは少しスピード抑えめでやれて少し助かっている。

この前の投稿後、5月は吉祥寺Baobabで投げ銭ライブ、6月は下北沢monaレコードでのライブをやり

周りの皆さんのおかげでとても楽しくバンドとしてもいいスタートダッシュ出来た感があります。

7月は仕事が忙しくて、少しバンド活動から遠ざかって今中国からこの記事を書いている。



まぁそれでも、皆さんのおかげで今の状況があるので、みなさん、本当にありがとうございます。

次は8/1 下北沢 mona Recordです。また皆さんにお会いしたいです。



ただし、この数ヶ月でメンタリティというか、自分が音楽をやることに対しての考え方には変化があり

まぁバンド活動ってのも結局のところいろんな人との人付き合いとエゴのぶつけ合いですから

考えることがたくさんありました。

そうする中で自分が納得するものや状況って、なんなの?と問いかける訳です。

自分は常に、自分が出来る範囲のちょっと外の部分を吸収して曲を作ったり活動したりしていきたいようで

その根本にあるのは、他の人が出来なかったりやらなかったり思いつかないことをやるということです。

それをやる上で大事にしているのは

音楽が弱いものの味方になりうる存在であること、つまりRebel

そして過去に虐げられた弱いものから生まれたものを受け継ぐこと、Roots

常識的な要素や理論的な縛りを解いた実験的な面白さを含んでいること、New

あたりかな、と思ってます。

ギター弾いてますがギターうまい人なんてごろごろいますので、うまいギターはその方々にお任せします。

なので、ギターというツールを使ってどのくらい面白いことが出来るか

そこに気持ちをどう入れ込むことが出来るか

その楽しみがなくなればきっとすぐ音楽なんてやめて聴く側に徹したいと思うわけです。

つまり、演奏家ではない。

演奏するだけで楽しい、ってときもあるけど全く長続きしません。ギターなんてすぐ飽きます。



つまり、音楽やるんだったら娯楽だけじゃもうモチベーションが無いっていうことですかね。

上に書いたのも生きる上で必要ないから娯楽じゃん、って言われたらそれまでですけど

それじゃあこんなに人とぶつかったり頭抱えて悩んだり仕事と両立で寝不足になったり

する必要はないのできっと100%の娯楽ではないのだと思います。

誰でも出来ることはしたくない、金持ちの道楽で音楽はやりたくない。

今の時代と環境で自分がどんなものが作れるか、それを流通という記録に残せるか

その中に自分が今まで聞いたもの、見たもの、感じたものをどれだけきれいにおもしろく詰められるか。

そしてそれが今年軌道に乗るか乗らないかが非常に自分にとって重要だったりします。



また、とにかく自分は音楽をやれる環境をつくるっていうのを自分でやらなきゃいけないのが当たり前でしたので

まぁそれはみんなほとんどがそうだとは思うんですけど、他のいろいろな要素もあって

やはりPunkな部分というか、鬱屈した部分がこの年になるまで拭いきれておりません。

ギターはフィーリングの伝わってこない上品なものより、ヘタクソな方が好きです。

要は音楽やれて当たり前の人らよりもおもしろい音楽作るのが、夢だったりします。

そういうのの違いってなに?ってので分かりやすいのが

長く聴いてて飽きなくて何度聴いても発見がある音楽ですね。



まぁその辺はいいとして。だいたい自分のバンド観ってのはこんなところです。

こんなに無駄だけどいろいろなことを考えてる訳です。

そんなののために10年も時間とお金と情熱を注いできたわけです。

もちろんたくさんのものも犠牲にしてきてます。人から見ればただの娯楽なのに。

しかもバンドの人間の数だけそれぞれ違う気持ちがある訳ですから

やるだけでもとっても大変です。



そう考えた上で、

ALPACOSは今後、多分活動ほとんどないと思いますが録音だけ続けています。

ALPACOSというバンドはバンドメンバー以外には絶対に分からない存在意義がありますが

私が20代でもっとも大切に人生の中心に置いて愛を注いでいたもののうちのひとつですので

今はそうでは無くなりましたが、音源が出来たらこそこそと発表してうまい酒飲みたいと思います。

lomaは8月以降もコンスタントにライブ活動続けられればと思っておりますが

今年上に書いたようなことが出来るかどうかで向き合い方は変わってくるとは思いますね。



要は、いろいろ考えて「今年はより重要やな」と思っていた次第です。

どんな年になるかねえ。もう半分終わったけど。

頑張りますので時間があったら聴きにきてくださいね。

loma TV & demo音源

しばらく書いてませんでしたが、先月の東京倶楽部でお会いした方々、ありがとうございました。
とてもいい空間といい音楽といい人たちで楽しくできました。

ALPACOSの演奏も力抜いて出来ましたし、lomaの方もなんとかお披露目できた気がしてます。

「たかせバンド」さんもすげーとかったなぁと。


あれからはや一ヶ月。


lomaの方は実はデモ音源作りを頑張っておりました。

そしてただ紹介しても仕方が無い、聴いて楽しんでもらうには、等々考えた末

番組作っちまおうということで「loma TV」をスタートし、先日2回目の配信を完了した所です。

loma TV vol.1

loma TV vol.2


このゆるさ、であります。

音源の方は結構頑張って自分らでミックス作業等完了させたんですけど

それが微塵にも感じられない緩さであります。

今後もちょっとずつ更新していきますので是非よろしくお願いします。

LOMA_music | LOMA Music | Free Listening on SoundCloud

音源はこちらのSoundcloudにて。


ライブ等新しい情報入り次第こちらにもアップできたらと思います。


よろしくお願いします。

2/20 東京倶楽部 LIVE情報

2015年、まず、これをやります。

2月20日(金)
東京倶楽部
loma & ALPACOS & 塚本崇瀬
2,000円+税(当日:500円UP)
オープン : 18:30

ALPACOS/Schedule
http://alpacos.flavors.me/#schedule
東京倶楽部
http://www.tokyo-club.com/schedule/index.cgi

ALPACOSは初のアコースティックセットで、
及川飛鳥さんとは新プロジェクト"loma"という2人組で
東京倶楽部というめっさオサレな所で
今までとは違うライブを、やります。

2014の後半はずっとこの準備をしてたと言っても
過言ではないんです。

なのであとで招待送らせていただきますが、
是非是非お越し下さい!
詳細はイベントページで更新される模様。

一緒に出演してくれる崇瀬さんのバンドも
ちょろっと動画見せてもらいましたが
超プロフェッショナル!ソウルフル!でありました。
こちらも楽しみです。

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/757946894293745/?ref_dashboard_filter=upcoming&source=1

2015!!2015!!2015!!

2015年になりました。

このブログの更新もついに終わりを迎えるかという感じでしたが

2014年の夏以降はずっと2015年にどう動くべきかを模索し

ひたすらカット&トライを繰り返していたのです。



私生活的には2013とは違う意味で非常に厳しい年となった気がします。

2013は言って見れば「仕事だけ」に圧迫されていたような日々で

心身すり減った印象でしたが

2014は世間の一般的な友人達の飛躍や

周囲のバンドのがんばりを目の当たりにし

それと対象的な自分の状況や家族の不調を

なんとか良い方向へ動かそうと力みすぎて空回り

疲れてしまい、あまり心からいろんなことを楽しめず

ただただ焦りに気分が滅入るという

そんな感じです。



しかし、準備はしていたのでした。


周囲の皆さんにお世話になってなんとか

今年もやるぞって気分まで持っていけています。



今年はALPACOSは今までとちょっと違う形で

そしてまた別の新しいバンドも始動していきます。

個人でも何かやってみようか。

なーんてところです。

laugh outもやるつもりでいます。




ということで、皆様よろしくお願いいたします。

Goodbye Lovers , don't hate anymore.

Weezerの新譜が良かったので

まだ「誰もいなくなった」が

自分に来てないと信じて

もう少し悪あがきしてみようと思った




です。

そろそろあいつらしばきにいかないとな。

燃え尽きと梅雨

laugh outお疲れさまでした、なんてもう1ヶ月以上前なんですね。

Asukaさんとのマリンバナイトも終わり、

感謝、感謝の中で

あれから燃え尽き症候群とも言うべき、何も手につかない日々を送りまして

仕事が忙しくなってきたので出張で台湾とフィンランドへ行き

ああ、私はいったいどうしたものかと

ちょっと気合い入れてここ半年間バンドバンド言ってきたけど

ふた空けてみたら何も成長していない自分を確認するだけだったような

そんな気がしてしまっておりました。

イベント自体はみんなのおかげですごくたのしかったけど

どうしたものか

この3年間の間に、みんな飛躍してました。

俺が1番laugh outで

友人達との再会で気づいたことが多かったのかもしれない。

俺にはまだ、何か出来ることがあるだろうか。

今まではやりたいことと言えばとにかく

ALPACOSの再結成のことばかり考えてきたけど

laugh outでいい意味でも悪い意味でもそれが無くなった。

あと半年で、ちゃんと人生かけてやりたいこと見つけないといけないな。



できるだろうか。

ということで、しばらく音楽関係のイベント出演情報は御座いません。

先輩達のイベントとかには進んで顔出そうと思います。

写真はフィンランドのSalo駅。


梅雨のジメジメによって精神病むよね。

夏が来たらプライベート忙しくしないとな。